メイクとマスクの上手なおつきあい


外出しないからこそ、思いきってメイクの練習!


2020年オリンピックイヤーでもあり、ワクワクする年明けだったはずが・・・

テレビをつけるとコロナウィルスのニュースばかり。

どんなに健康な人でも気持ちが振り回されてしまいますよね。

誰かのせいにしたって何も変わらない!自分自身が気を付けることしかできませんね。

仕事がキャンセルになったり、在宅勤務になったりで、思いがけず空いた時間を

どうお過ごしでしょうか。


私はこんな時こそ、「騒ぎが収まったときの準備期間」と考えています。

いいえ、こんな時は自身で気分を上げることにしています。

外出しないとメイクをする気分にならない方も多いでしょう。

でも、外出しないからこそ、思い切ってメイクの練習してみてはいかがでしょう。

いつも時間に追われ惰性でしていたメイク…

眉の描き方やアイラインの入れ方にたっぷり時間をかけられます。


マスクをして出かけるときも、アイメイクだけで十分美人さんに!



マスクをして出かけるときのメイクポイント

<ベースメイク>

日焼け止めとフェイスパウダーで充分ですね。

気になるところは、コンシーラーを少し。

出来ればルーセントパウダーを使用して、薄く、丁寧に重ねて行くのがコツです。

ファンデーションを付けるとマスクをした時に、マスクに色が付いたり、ファンデがよれたりして心地よくないですね。


<リップ>

保湿性のものかエッセンシャルオイル

アロマオイルそのものではなく直接お肌につけられるものを選んでね。


<チーク>

コーラルピンクやオレンジ系ので血色を出す

チークはいらないように思いますが、不健康に見えると誤解されてしまいます。

ポイントは、チークを入れた後に、フェイスパウダーをもう一度!


<眉>

いつもより気持ち太めに。

顔の半分が見えないため、眉頭を強くするときつく怖い人に思われがちです。笑 顔の醍醐味の口元が見えない分 優しいアーチ型がおススメです。


<アイシャドウ>

ピンク系 オレンジ系などの明るめの色

リップが見えないのでいつものブラウン系やグレー系は暗く見えてしまう。


メイクは、自己肯定感をあげられる一番の近道です。


いつもよりアイメイクを頑張ってみてください。

メイクは外出するときの身だしなみでもありますが、自分自身の心にも影響大です。

早く誰かに会いたいなぁ♡と思ったり、在宅でのお仕事もいいアイデアが浮かんだりするかもしれませんよ。まずは自分が元気になって、あなたの周りの人にも元気をあげてください。

こんな時だからこそ、お料理やお掃除をがんばったり、自宅エクササイズに励むこともできますが、メイクは、自己肯定感をあげられる一番の近道です。

メイクの力を信じてみてくださいね。

  • アズオリーブfacebook
  • アズオリーブInstagram

まず、施術のお申し込みを予約フォームまたはサービス内容のページから、希望の日時などを入力していただき、オンラインでご予約いただきます。次に、メールで場所などの詳しい内容を決めていきます。

施術はこちらからの出張または、指定の場所で行いますので、メールかお電話でのやり取りをさせていただきます。お気軽にご予約ください。

as olive(アズオリーブ)はメイクセラピーとパーソナルカラーで総合的な美をプロデュース